top of page

第2回97people:影山 剛士さん


影山 剛士さん

影山 剛士さん

Takeshi Kageyama 1974年、静岡県湖西市生まれ。 内閣官房 行政改革推進本部事務局 参事官補佐

◆早稲田大学を選んだ理由は何ですか、あなたにとって早稲田大学はどんな存在ですか?

 出身が静岡県の田舎なので、テレビで早慶戦やラグビー早明戦を観たり、高3の正月の箱根駅伝で早稲田が優勝するのを見て漠然と憧れてた程度でした。

 でも入学してからは、自分が思ってた以上に、全国からわけわからん(笑)優秀だったりおもしろい先輩や同級生などが多く集まってきてて、ものすごい刺激を受けました。

◆学生時代の思い出(楽しかったこと、苦労したこと)は?

 遠州人会という県人会に所属し、4年次には全国早稲田学生会連盟という学生稲門会の全国組織で、「おのぼりさんツアー」という新入生歓迎東京周遊ツアーや早慶戦支援、ダンパ、早稲田祭で各地域名産品の出店などのイベントを行ってました。約40県、2,000人の会員がいたので、花見や麻雀大会など一つ一つの参加人数が多く、また交流団体として応援部のほか慶應・専修・亜細亜大の県人会組織や各女子大の校友会はじめ、うちらの活動の対極にあった学生運動組織も含め非常に幅広い方々とお付き合いさせていただきました。

◆もう1度学生時代に戻れたらやりたいことは?

 あれだけ時間に余裕がある時に、飲んで寝るだけじゃなくてもう少し自分の役に立つよう本を読むとか、社会の役に立つ活動(ボランティアとか)しとけばよかった、と事あるごとに思います。。。

◆これまでのお仕事の中で、心に残る仕事はどんなことですか?


影山 剛士さん

影山 剛士さん

◆趣味は?何をしている時が一番楽しい?リフレッシュ出来ますか?

 日本に帰ってきてから、ラッキーにも神宮球場に比較的近いところに住んでるので、春・秋に大学野球を観に行ったり、秩父宮や国立にラグビー観戦に行って学生たちの歌う応援歌・応援曲などを聴くと、何となく学生時代を懐かしく思い出すとともに元気をもらい、初心にかえってまたがんばろうという気がしてきます。

◆同期へのメッセージをお願いします。

 97年次の同期会イベントに参加させていただくことで、当時の懐かしい仲間と再会できたのはもちろん、学生時代には知り合えなかった同級生とも、同じ時間を早稲田の杜で共有した仲間としてすぐに打ち解けることができ、老朋友(昔からの友人)が増えた気がします。

 そろそろ不惑を迎える世代として、それぞれ仕事などに忙しく一つ一つのイベント参加人数はさほど多くないかもしれませんが、ぜひ可能な範囲で各種イベントに足を運んでいただき、新たな仲間とともに昔を語らい、明日への活力にしませんか。


影山 剛士さん


影山 剛士さん

תגובות


bottom of page